彼氏が頼りないと別れる?実際の体験談と対策!

スポンサーリンク
恋愛

「私の彼氏、頼りなさすぎ」とガッカリして落ち込んでいませんか?

折角両想いになれたのに、ふとした彼の頼りなさにイライラして「別れようかな」なんて思うってしまうこと、ありますよね。

「男らしさって頼りがいがあるってことじゃない?」と悩みは尽きません。

でも待ってください。彼氏が頼りないというだけで別れるのは結論を急ぎすぎ

まずはこの記事を読んで、対策を取ってからでも遅くはありません!

是非、ふたりの幸せの形を見つけてください。

スポンサーリンク

彼氏が頼りないと別れる?―頼りない彼氏の特徴

頼りない彼氏の特徴は、一般的には草食系で、長所としては優しい、聞き上手、他人と衝突しない、包容力があるなどが挙げられます。

でも、困るのは短所のほうですよね。

女性をガッカリさせてしまう頼りない男性の短所

  1. 自己主張が苦手。イエスノーがはっきりしない。決断力がない
  2. ネガティブ思考。打たれ弱く気持ちの切り替えが利かない
  3. 現状維持派。物事への関心が薄い。チャレンジ精神がない
  4. 親離れできてない
  5. お金への意識が疎い

上の1から3までは、過去の失敗などから、彼氏が「波風を立てないほうが無難」という思考に陥っているから。自分に自信が持てていない証拠です。

4は、成長過程で自分でものを選んでこなかった、親任せにしてきてしまった場合です。親のほうにも子離れできていない、過干渉や過保護の問題が見られることも。

5は違った意味での頼りなさ、経済的に信用できないという大人としての資質の問題になります。

頼りなさから抜け出す最初のステップ

まず、彼氏が頼りないのは特定の分野か、世の中全ての物事に対してなのか見極めてください。

ただ単に、苦手分野だからためらうのであれば、「もしかして苦手?」と声をかけましょう。

あなたが好きすぎて「嫌われたくない」と遠慮しているなら、「大丈夫だから何でも言ってみて?」と促すこともできます。

お互いが気を遣い過ぎて物事が進まないととても疲れますので、彼の言葉を引き出す努力をしてください。

次の体験談のように彼が根本的なことで頼りないと、結婚しても辛かったり、お付き合い自体を解消することになります。

スポンサーリンク

彼氏が頼りないと別れる?―実際の体験談

衝撃の彼氏ご実家訪問実話です。

Bさん 30歳女性 医療事務職クリニック勤務

彼氏 40歳 結婚歴無し

出会い:スポーツジム

デート:アウトドア系、登山やハイキング

お付き合いは順調でした。

付き合って1年経った頃に、家賃低減のために同棲開始。お互い「結婚」を意識し始め、プロポーズ。

同棲から結婚を決めたことでお互いの両親に挨拶をしなければならないと彼と話し合い、彼の実家に伺うことになりました。

ご実家は日帰りができない遠いところ。

彼は私の存在はおろか同棲していることすらご両親に話していなかったため、行く前から「色々とお怒りになっているのでは……」と、不安で不安で堪らなかったです。

ご両親との面談

ご実家は格式ある地主らしく、想像より立派な家で正直驚きを隠せませんでした。庭まで遊歩道が続き、大きな庭に自分の実家の何十倍もある家が建っており、圧倒されました。

彼のご両親はおふたりとも60過ぎ。

彼氏はあまり物事に興味がない人でしたが、ご両親はとても真面目で何事にも厳格そうな方々でした。

念のためにと持参した私の釣書をお見せすると、おふたりはまるで企業の面接のように質問を浴びせました。

特に私の学歴や職歴を重視しており、なぜその学校を選んだのか、なぜその職種を選んだのか。

当たり障りなく答えると、「その学校の偏差値は中くらいよね」「勤務先もグーグルマップで調べたけれど、あまり綺麗ではないね」 など嫌味とも取れるようなお言葉を返されます。

釣書に書いていなかった身長・体重を聞かれ、答えると「平均的な身長より少し低いのかな……。体重はまあ」とのコメント。

私は「それが何?」と内心真っ青です。

唯一の味方であるはずの彼は、知らんぷりでだんまりを決め込んでいました。

投げかけられた質問にどのように答えるのが正解なのかという焦りと強い不安、そして味方がいないという孤独をひしひしと感じました。

何を言われても「そうですね」を繰り返し、ただただ早く帰りたい、この場から逃げ出したいという思いで一杯でした。

彼が両親とあまり仲良くないと聞いていたことと、事前に私の情報が一切伝わっていなかったことから予感はしていましたが、ここまで酷いとは思っていませんでした。

窮地の私を見ての彼の予想外な態度

同席していた彼は両親や私とは目も合わせず、ただ下を向いて黙っているだけ。

彼は、両親の態度を特に悪いとは思っていない様子でした。普通のことを質問しているだけといった感じです。

普段の彼の行動も、私の友人と一緒に食事を誘っても絶対に来ないなど、人とあまり関わらないようなところがありました。

40歳にもなっても人見知りでもないだろうにと恥ずかしく、もう少し周りの人とのコミュニケーションを大事にしてほしいとは思っていました。

後で私の友人に相談したところ、彼のご両親はもちろん、一番彼自身がありえないと私の味方になってくれました。

その後

ご両親も私に対して良い印象を持っておらず、また私もその時にお話しした印象があまり良くなかったため、互いに距離を置いています。

けれど結婚は取りやめなかったので、全く無視というわけにもいかず窮屈な思いはあります。

体験談について

彼は親に対して自己主張のできない『頼りない男』です。

そのうえ、あるあるなコミュニケーション弱者

親と仲が良すぎて親離れできていないのではなく、ご両親の圧があまりに強すぎて、屈してしまっています。

成長過程において、自分の意見を言っても何も聞き入れてもらえなかった、ずうっと圧し潰されてきた男性。

嵐をやり過ごすことしかできなくなっています。

彼女としては、「オレの大事な人にそんな失礼なこと言うな!」くらいのタンカを切ってほしいところ。

両親のモンスターぶりを知っていたのだから、もっとBさんに事前情報を伝えるべきですし、親側にも根回しが必要。

ご両親も寝耳に水では、あることないことマウント取ろうとするのは予想できたはずです。

モンスター義父母に対して

Bさんは婚約破棄していません。正直言って驚きです! お姑さん一人でも大変なのに、モンスター義父母を持ってしまいました。

ご両親は「息子を守ろう」「格式を失わず」「財産目当てかも」などという思いに囚われていたのでは?

今後、介護問題や相続問題が出てくると思うと心配ですが、彼らももっと年老いて心細くなってくると、態度を改めてくれるでしょう。

できる限り早いうちに、息子さんとの幸せな姿を見せ、「あの時の質問攻めは酷かったですよ~。私だからいいものの、他のお嬢さんじゃみんな逃げ出したでしょ?」と笑ってみせてあげてください。

きっと彼が40歳まで独身だったのはご両親のせいでしょうから。

スポンサーリンク

彼氏が頼りないと別れる?―対策①

まず彼を肯定しましょう。

自分の自信のなさから彼が頼りないなら、安心させて褒めて伸ばすことです。

自分の意見を言う練習、自分から行動を起こす練習

彼が主体性を持てるように仕向けてください。

本人に気付かれないように。

彼が興味を持ち、絶対意見があるだろうことに話題を振りましょう。

例えば彼がサッカー好きなら、「○○選手って人気あるけどプレーヤーとしてほんとに上手?」とか。

荷物が重たい時は、「何で持ってくれないの? 気が利かない!」とイライラするより、「う~、助けて~、指ちぎれる~」と笑いかけて。

女子には重いと気付いてないだけだったりするので。

そして言葉や行動に表してくれたら、「さすが、専門家の意見!」とか「ありがとう」を言うことを忘れずに。

ダメ出しをするとき

必ず明るい言葉で笑顔を保ちます。

メニューが決まらないなら、「ダメだなあ、食べたいものも選べないんだ? でもそんなところが好き」と言ってしまいましょう。

デート案がでないときは、「夜だけ一緒ならいいんだ、私のカラダ目当てだな?!」とからかってあげてください。

彼側の立場につく

上の体験談でも、ふたりっきりになってBさんの気持ちが切り替えられたら、「強烈なご両親! 子供の頃苦労したんじゃない?」と、彼側につくことができます。

彼に対して「助け舟も出してくれないダメな人!」と不満を抱えるより前向きです。

辛かったら隠さずに、「私、あなたのご両親と親戚になるの無理かも」と悩んで見せるのもアリです。

イライラは募らせない

お互いが心に秘めて我慢してしまうことのほうが破綻に繋がりますから、その時その時に、軽い調子でコメントをして、彼の反応を引き出していくのが頼りない彼とのお付き合いのコツです!

エスコートしてぐいぐい引っ張っていってくれる彼氏ではないかもしれませんが、聞き上手で、あなたの意見を尊重してくれます。

あまあまなふたりの世界を作り上げて幸せになってください。

スポンサーリンク

彼氏が頼りないと別れる?―対策②

発想の転換を図りましょう。

世間のイメージに左右されないこと。

「男性は頼もしい、この人に付いて行きたいと思わせて!」というのは幻想です。周囲がそう言うからそういうものだと思っているだけ。

お付き合いでも結婚生活でも、できるほうができることを、得意なことを得意なほうがしていけばいいのです。

体験談の彼氏は頼りがいがある?

体験談の彼氏も、仕事はきちんとしているし、お金にルーズでもない、同棲でダラダラせず結婚も決めてくれる頼りがいのある男性です。

頼りにならないのは親関係と社交性のみ。

そう割り切って付き合えばイライラする場面も減ります。

心の疲れを感じたら、「ちょっと協力して、私も圧し潰されそう」と弱音を吐いて、彼とタッグを組むつもりで乗り切ってください。

自分にも欠点があること、「女性は○○でなければ」という押し付けで自分のしたいことができない場面を考えて、彼にも優しい理解の目を向けましょう。

別れるのはその後、限度を超えて我慢できなくなったときでいいですから。

スポンサーリンク

彼氏が頼りないと別れる?実際の体験談と対策!―まとめ

いかがだったでしょうか?

実際のところ、頼りない男性はかなりたくさん存在します。

でも何もかもすべてが頼りない人は、少ないのです。

もし彼氏が100%頼りない人だったら、お付き合いを始めていないのではありませんか?

この記事ではその立場から、「少々頼りなくてもすぐ別れを考える必要はない」というお話をさせていただきました。

体験談のカップルが別れていないのですから、きっとあなたも彼の上手な操縦の仕方を見つけることができます。

どうかお幸せに!

おススメ映画:『ブリジットジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』

麻薬所持疑惑でタイの刑務所に入れられたブリジット。マークとの破局を牢内の女刑囚に語りますが、皆の彼氏はクズばかり。自分はマークに理想を求めすぎていたのかと閃く瞬間が見もの!

おススメ漫画:葉芝真己著『キッズログ 第六巻』

弟の事故死によって突然シンパパになった小説家、甥っ子、保育士の子育てハートフルストーリー。BLですが、7巻まではピュアラブのみ。

小説家の大伯父が保育士に問題発言を連発し、いつもは柔和な小説家がキレます。

「いくらなんでも聞き捨てなりません!」

このくらいは言ってもらわないとね。

恋愛
スポンサーリンク
シェアする
mikeをフォローする
くららのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました