女磨きにおすすめな本ベスト4!

スポンサーリンク
恋愛

女性が恋愛に傷ついたときには、「恋愛巧者になるためには女磨きを!」とよく言われますが、いったい何をすればいいのか、わかりませんよね。

女磨きとは単に、オシャレやメイクの練習をすること、習い事をすることだと思っている女性もいてしまいます。

この記事では、恋愛に悩み女磨きをするべきだと思っているのにどこから始めたらいいのかわからないあなたに、手に取ってみたらいい本を4冊、おすすめいたします。

この記事を読むだけでも、自分を大切にして男性に軽く見られない恋のしかたがあるという気づきが得られるはずです。

是非参考にして、現在進行中の彼氏も、次に出会うであろう男性もあなたに夢中になるように、女を磨いてください!

それではさっそくいきましょう。

スポンサーリンク

女磨きにおすすめな本ベスト4!―Dr. ユキコ著『年収1億の彼』

恋愛ブロガーの第一人者とも言えるDr. ユキコの幻の著作です。

彼女は、男性に追わせる恋愛を実現する方策として「ユキコ道」を説きました。

恋に悩む女性なら「ユキコ道」という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

この本がなぜ幻かというと、現在絶版、残念ながらブログ自体も既に閉鎖されてしまっているからです。

古本、中古品としてアマゾンやメルカリで検索すると、ついている値段に驚きますが、それだけ人気があるということなのです。

男性に振り回されない、溺愛される側の女になるための教科書があるとしたら、これです!

とはいっても、中身もわからずにこんな大金払えないという悩める女子のために、立ち読み気分で概略をご紹介してしまいましょう。

いい女の前提条件―心の持ちよう

・ポジティブ/明るく、楽観的に

・凪/感情を平穏、一定に

・フェザー/羽のように精神的に軽く

・凛/媚びない

この本のスタンス

・お金持ちを捕まえる玉の輿ねらいではない

・自分が経済的に独立していること(別れを切り出しても自分が困らない立場にあること)

・経済的に成功している男性と関わる位置に自分を置けること

・お付き合いは2か月と短期間で、溺愛ポイントが上がらなければ自分から切ること(溺愛ポイントは男性の恋愛態度を50のチェック項目で算出)

男性との連絡の取り方

自分からの連絡一切禁止(連絡は彼から!)

・デートに誘われたら、一日だけ指定する。その日彼側に予定があってダメな場合、「残念だわ」の一言で片づける

・決して相手のスケジュールには合わせない。相手が別のスケジュールを提案してきても、自分の都合を優先する

会話術

・彼の自慢話は「あら、そうなんですか」とすべてスルー

褒めるのは彼の内面、努力、誠実さ、優しさ、心の広さ、忍耐力など

・彼が心を許して、弱みを見せたときは「そんなことないわよ」と徹底して慰める

・会話は丁寧な日本語で

・彼の話には聞き役に徹する

・否定的な発言、誰に対しても悪口や批判はしない

・「疲れた」「やだ」「無理」「暇」「やめたい」「つまらない」「面白くない」「くだらない」「だって」「つらい」「面倒くさい」「だるい」「〜〜が痛い」「太る」「いらない」は禁止

・自分のことを批判されたときは「そうね!」と明るく笑顔で受け流す

自分のことを褒められたら、「えっ、私がですか?」と知らないふり

ベッドイン

最後まで許すのは、一度断った後。

「もう少し待っていただけませんか」など、やんわり断ること。否定もしなければ、確約もしない。

彼が「君のことが本当に好きだから、体の関係はなくていいんだ」と言ったら、その日でも、次の日でもOK。

身だしなみ

・服はセンスと清潔感を心がける

・手先・指先・爪先、靴にはお金をかける

・ハンカチは3枚持つ。1枚は自分で使い、2枚目は彼に乾いた状態で差し出すため。3枚目は濡らしたり汚したりしても良いもの。

この本を読んだ方のレビューの一例

最強の恋愛指南書です。

年収一億円の男性の職業内訳

タイトルが「年収1憶の彼」なんですから、ターゲットに据えている相手は人生勝ち組の男性!!

年収を切り口にして情に全く流されず、上記のような『ユキコ道』に従ってドライな恋愛を薦めるのがこの本の画期的なところです。

2020年に1億円以上の年収があったのは22500人程度。(国税庁統計年表より)

そのうち、独身男性が何名いるのかというのも疑問ですが、主な職業を載せておきます。

1. 株・為替などのトレーダー (5割を占める人数)

2. 超一流企業の雇われ社長、役員(高年齢)

3. 不動産所有者

4. 芸能人、タレント、ミュージシャン

5. スポーツ選手

6. 医師、弁護士

7. 事業所得者(会社経営者)

この本を参考にする場合の注意点

恋する女性にとってはとても守りがたい約束事ばかりの『ユキコ道』。

自分から連絡を取ってはいけないという第一歩で挫折してしまいそうです。

忘れてはならないのは、年収一億円の男性に見合う自分になるという前提の本だということ。

お金や地位にすり寄ってくる女性に囲まれ選り取り見取りな立場にある男性に、どうやって自分ひとりを見てもらうか、という立場です。

残念ながら、身の周りの男性誰にでも応用できるわけではありません。

それでもこの本をおススメしたいのは、恋の主導権を自分が握ること、自分を安売りしないことをしっかりと書いてくれているからです。

相手に振り回される恋から脱却し、男性に求められる女性、溺愛される側の女性になること、これこそが究極の「女磨き本」というわけです!

スポンサーリンク

女磨きにおすすめな本ベスト4!―『現代版ルールズ・THE RULES―理想の男性を手に入れる31の法則』

エレン・ファイン、シェリーシュナイダー著

『年収1億の彼』は高価ですし入手しがたいので、まずこちらを読んでみてください。立場的に似ていますから。

好きな男性の一挙一動にオロオロしてしまう、尽くしすぎてしまう女性からの脱却という点で、似たようなアプローチを提案してくれるのです。

『年収1憶の彼』より、女性自体が自分らしさを鍛えていくことが書かれ、そして、より広範囲の男性相手に日常の場面で使える法則が満載。

バクっと言ってしまえば、「気のない素振りをして、男性からの行動を引き出す」という「駆け引き」でしかない、と感じる方もおられるでしょう。

また、アメリカ人には効いても、日本人男性には当てはまらないと思われる項目もでてきますが、それでも自分の恋愛を見直すために有意義な本です。

つまらない男に自分の花の時代を無駄にせず、本気で将来を考えてくれる相手を素早く見つける、候補者をどんどんふるいにかけていくのに最適。

そして男性に追わせるテクが身につけば、次から次へと候補者は寄ってくるのです。

自分に合うと思われたら、続編などもありますから探検してみてください。

スポンサーリンク

女磨きにおすすめな本ベスト4!―坂東眞理子著『女性の品格』

上の2冊が恋愛力アップとしての女磨きを提案しているので、がらりと変えて、女性が内面から光ることのできる、品格という名の外身を纏うための本のご紹介です。

『ユキコ道』の基本に、凛として媚びないというのがありますが、どうすれば凛として見えるかわかりますか?

まず、「長い物には巻かれろ」という態度を捨て、自分の意見を持ち、自分の足で立たなければなりません。

次に、自己主張はできても、それを下品にわめくだけでは他人は耳を貸してくれません。どう頑張っても凛としては見えないのです。

となると、自分の品格を落とさないこと、高めていくことが大事になってきます。

「品のある人だ」と言われるためには、マナー、言葉遣い、身なり、暮らし方などの最低限押さえるところは網羅し、そのうえで、他人を思いやる心と時間の余裕が必要です。

周囲の人々に一目置かれる「品のある女性」になれれば、男性だってあなたに、尊敬のまなざしを向けます。

「軽んじてはいけない相手」だと思ってもらえますから。

男性が恋に落ちる相手は「ただ可愛いだけの女」ではありません。この尊敬の念が混ざっている恋ほど、長続きするものです。

この本は、2006年初版で、その時に既に「価値観が古い」という批評も出ていました。書かれていることは面倒くさいだけのことかもしれません。

けれど、今、恋愛現役中の若いあなたが、この本から部分的にでも「古き良き品格の持ち方」を習って実践すれば、周囲から抜きん出た眩しい女性に見えること請け合いです。

スポンサーリンク

女磨きにおすすめな本ベスト4!―リリー著『オトナの恋と女磨きと』

ブログ開設後1年で月間100万PV超を越えたリリーさんの著書。

同タイトルのブログは2019年でエントリーが途絶えていますが、詩を呟くように綴られた、とても読みやすいものです。

上にあげた『女性の品格』をグッと現代に引き寄せ、オシャレを散りばめすらりとスマートにした、現代女性必読の女子力アップ本。

読むだけで心からオシャレになれる46のエピソードが、ページをめくるたびに女磨きをしてくれていると実感できます。

活字が恋に疲れた心を洗い流し、オシャレの極意、物の見方、気のもちようが、しんしんと降り積もってくれる感じです。

欲を言えば、もっと読みたい、もう少しページ数があってもいいのに、と思ってしまいます。

現代をオシャレに暮らし、過去はサラリと洗い流し、スマートに恋愛するための、イチオシ本です、是非お試しあれ。

スポンサーリンク

女磨きにおすすめな本ベスト4!―まとめ

手に取ってみたいと思われる本、見つかりましたでしょうか?

男性に振り回されない、溺愛される側の女になるための教科書―『年収1億の彼』

尽くしすぎてしまう女性から脱却し本命相手を見つける本―『現代版ルールズ』

女性が内面から光ることのできる、品格という名の外身を纏うための本―『女性の品格』

現代をオシャレに暮らし、スマートに恋愛するためのイチオシ本―『オトナの恋と女磨きと』

 

素敵な恋愛、幸せな結婚、そしてその先に向けての女磨き、これらの本でワンランクアップを目指してください。

ひと皮むけたあなたに恋に落とされる男性は、きっとワンランク上ですから!!

スポンサーリンク
恋愛
スポンサーリンク
シェアする
mikeをフォローする
くららのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました