日間賀島日帰りで子供と楽しむには?船の運行時間やオススメスポットについて!

スポンサーリンク
お出掛け

名古屋から一番近い島で日帰りでも楽しめる魅力いっぱいの日間賀島。一周約5.5kmの小さな島で、高速船で約10分の距離です。

日間賀島は昔から漁業が盛んな島。島のシンボル的存在の「タコ」や、一年を通して旬な海の幸も楽しめます。

そして夏には美しい海での海水浴や「キッズアドベンチャー」という体験やゲームなども開催され、子供にも大人気。

そんな日間賀島は遊びに疲れたら、美しい海と空の絶景を眺めながらゆったり温泉に入り疲れを癒す事もできる場所。

この記事では、日間賀島を家族で楽しむための情報を分かりやすくまとめてみました。

この記事をチェックするだけで、子供だけでなく家族全員が満足できる日帰り日間賀島の旅になること間違いなしです。

数分で読み切る内容なのでぜひ最後まで読んでくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日間賀島日帰りで子供と楽しむには?ーオススメスポットについて

小さな日間賀島で、海水浴以外にどんなことができるのかって思う方は多いはず。

確かに小さな島なので、海の幸と海水浴を除いたら何もないのかなって思うのも納得できます。

ですが日間賀島は、家族旅行も十分楽しめるスポットです。

では、これからどんな楽しいスポットがあるのか紹介していきますね。

子供に大人気「キッズアドベンチャー」 

日間賀島で海水浴は、早朝の朝日を楽しめる島東側にある「サンライズビーチ」と沈む夕日を眺める島西側にある「サンセットビーチ」の2つがあります。

そして、夏期限定で子供に大人気の「キッズアドベンチャー」は「サンライズビーチ」にて開催されます。

11ものイベントが用意されているので、子供が喜ぶイベントが見つかること間違いなしです。

ではどんなイベントがあるかというと、海の探索「シュノーケリング」、広い海を大航海「シーカヤック」、砂浜に流れ着いた貝などを使った「クラフト作り」、巨大トランポリンで広大な空に向かってジャンプなどなど。

泳ぐのが苦手なお子さんでもあきらめる必要はありません。楽しめるイベントはたくさんありますので、ぜひ参加してみましょう。

詳しくは次の表とポスターをご覧ください。

開催日 7月16日〜7月18日

7月23日〜8月21日

開催場所 サンライズビーチ
開催時間 9:30〜17:00(最終受付16:30)

      

出典:日間賀島観光協会

島で気持ちよくサイクリングと堤防釣り「いこい」

日間賀島でレンタサイクルと貸し竿をしてくれるのが「いこい」

日間賀島は、島をぐるりと一周できるように道が整備されているため、海風を感じながら気持ちよくサイクリングを楽しめます。

約20分で一周できるので、軽い気持ちで参加できるのもいいところです。

レンタル料は1時間550円で、予約はできませんが、多くの自転車が用意されているので心配する必要はありません。

また、自転車に乗れないお子さんを乗せる自転車もあるのもいいところ。ヘルメットの貸し出しもあるので安心です。

そしてもう一つは堤防釣り。

1日1100円でエサ付きで竿を貸してくれるので時間を気にせず楽しめます。

釣り場はなんと「いこい」の目の前の堤防釣り。移動時間もいらないし、手ぶらで釣りを始められるのがいいところですね。

色んな魚が釣れるので、ぜひお子さんと楽しみましょう。  

住所 愛知県知多郡南知多町日間賀島西浜4
営業時間 7:00〜17:00
定休日 不定休
スポンサーリンク

日間賀島日帰りで子供と楽しむには?ー船の運行時間や料金と駐車場について!

日間賀島のオススメスポットを見ると、次に気になるのが日間賀島へのアクセスや駐車場ですよね。

結論からいうと、港には駐車場がありますし、島への船も何本も出ていて料金もそこまで高くありませんから、心配せずに日帰りで行けます。

日間賀島へのアクセスは?

日間賀島へ行くには、師崎港と河和港から高速船を使って行くルートがあります。

もう一つ伊良湖港からのルートもあるのですが、本数が少ないため、日間賀島へのアクセスにはあまり向いていません。

    

出典:日間賀島観光協会

港付近の駐車場は?

師崎港と河和港付近には、有料駐車場があります。

なので、車で旅行に来ても大丈夫ですよ。

師崎港駐車場

利用料金 1時間  100円(50分未満は無料)

24時間 2000円

収容台数 193台
利用時間 入庫  5:00〜21:00

出庫  24時間可能 

河和港駐車場

利用料金 1時間  100円(60分未満は無料)

24時間 500円

収容台数 71台
利用時間 入庫 5:00〜23:00

出庫 24時間可能

高速船の運賃は?

高速船の運賃についてまとめました! 

師崎港〜日間賀島 河和港〜日間賀島
大人 

720円(往復1360円)

大人 

1420円(往復2720円)

小人 

360円(往復690円)

小人 

720円(往復1380円)

※大人〜中学生以上

※小人〜小学生へ就学している児童

※未就学および幼児は、大人1名につき1名まで無料

 2名以上からは小人運賃がかかります 

高速船の運行時間は?

なんと言っても気になるのが、高速船の運行本数ですよね。

師崎港から日間賀島への運行は、8時から10時台と15時から16時台は1時間に2本のペースで運行されています。

それ以外の時間帯は1時間に1本のペースです。

日帰りで行くにはちょうど良い時間帯に本数が2本あるので、そこまで時間を気にしなくても大丈夫です。

ただ、乗船は先着順となるので、少しでも長く日間賀島を楽しむためになるべく早く行くことをおすすめします。

乗船時間は、直接日間賀島へ行く便は10分で、篠島経由で行く便は20分です。

これだけ早く着ければ、日帰りで行っても十分楽しめますよね。

次に河和港から日間賀島への運行時間ですが、こちらは1時間に1本のペースで運行されています。

乗船時間は、20分です。

こちらも先着順ですので、時間には余裕を持って行きましょうね。

時刻表は、こちらのサイトで確認してください。

予約はできないの?

人気の日間賀島ですので、高速船の予約をして気持ちに余裕を持ちたいですよね。

結論から言うと、高速船の予約はできませんが、カーフェリーなら予約可能です。

カーフェリーは、師崎港から運行されます。

当然高速船より割高なので、家族で乗ると大体往復1万円以上かかります。

さらに日間賀島は、一般車両の走行が制限されていたり狭い道が多いので、あまりおすすめはできません。

それでも確実に予約してカーフェリーで行くなら、予約センターへ電話をして予約を取りましょう。

予約センター:0569−63−2035

(営業時間9時〜18時)

スポンサーリンク

日間賀島日帰りで子供と楽しむには?ー日帰り温泉について

日帰りといっても、遊びどころが多い日間賀島では半日もすれば疲れが溜まってきます。

そんな時に温泉が楽しめれば最高ですよね。

そこで、日間賀島で日帰り温泉がある施設を紹介していきます。

ランチも一緒に楽しめるので、ぜひチェックして疲れをとって日間賀島での後半戦を堪能していきましょう。

日間賀島いすず館

日間賀島西港から徒歩で2分。

ランチと温泉がセットのプランが3つ用意されています。

  • 海鮮尽くしの「海幸スタンダードプラン」 6600円
  • 知多牛と海鮮が楽しめる「味饗宴プラン」 6600円
  • さらに贅沢な海鮮「海幸グレードアッププラン」 9900円

温泉はユニークな蛸壺(たこつぼ)風呂に入り、ゆったり海を眺めながら疲れを癒しましょう。

温泉からでも食事からでも好みでどうぞ。

プランは予約制なので、並ぶ必要もないのはありがたいところです。予約はこちらから。

癒しの宿風車

日間賀島南側の高台にある旅館。

こちらも日帰りプランが用意されています。

日間賀島の海の幸を使った豪華メニューのほか、季節限定の料理もあり大満足間違いなしです。

そして、温泉は3階に展望風呂が用意され、大きな窓から眺める景色は最高。

海に浮かぶ漁船や隣の篠島も望め、ついつい長風呂になりそう。

そして屋上には開放的な露天風呂もあります。

広大な海と空を眺めて最高の温泉を楽しめるので、疲れも忘れてしまいますね。

こちらも日帰りプランは予約制。

早めの予約がオススメです。→0569−68−2149

スポンサーリンク

日間賀島日帰りで子供と楽しむには?お土産について!

大満足の日間賀島の旅をぜひ友達に伝えたい。そう思ったら届けたくなるのがお土産。

ここでは、日間賀島のお土産を紹介していきますね。楽しかった旅の思い出をお土産と一緒に友達に届けましょう。

かねと商店

島のシンボル「タコ」を中心としたお土産屋さん。

漁師が手作りの干物が買えるほか、干物作りの体験もできます。干物体験は予約が必要。

一人あたり1500円(税別)で、所要時間は30分です。

なかなかできない体験ですので、少しでも興味があったらぜひやってみましょう。

干物体験の予約はこちら→0569−68−9222

住所 愛知県知多郡南知多町大字日間賀島字北登立17
営業時間 8:00〜17:00
定休日 不定休

鈴円本舗

タコ、イカ、エビなどの風味をそのままに、お店オリジナルの甘辛タレに漬け込んで作られたおせんべいは格別です。

日間賀島で人気の味付け海苔「島のり」も大人気。そして何といっても店のオススメは「ソフト焼きタコ」

獲れたての新鮮なタコを丸焼きにした豪快なせんべいで、とても柔らかく、タコの味が凝縮されていて、とにかく絶品です。

この店に立ち寄ったらぜひご賞味あれ。

住所 愛知県知多郡南知多町日間賀島西浜28
営業時間 9:00〜16:00
定休日 元旦

かもめ売店

日間賀島のお土産の定番といえば「多幸まんじゅう」

「タコ」と「フグ」の形をした可愛らしい人形焼風のまんじゅうです。まんじゅうの中は、程よい甘さの「こしあん」入り。

お茶との相性も抜群です。

そして多幸饅頭の箱の中には「日間賀島民話絵巻ものがたり」が入っていて、ちょっと面白い話が楽しめます。

店頭では、出来立てほやほやの多幸まんじゅうを味わえますよ。

住所 愛知県知多郡南知多町日間賀島西浜5
営業時間 8:00〜17:00
定休日 無休

HMK

最後に先ほど紹介した「かもめ売店」の2階にある「HMK」

日間賀島オリジナルTシャツやALOHA衣類などの雑貨店です。

観光客だけでなく、地元の島の人たちも通うほどの人気店。

マリングッズやハワイアングッズも取りそろえているほか、お店オリジナルのおしゃれなTシャツもあります。

1階で定番の多幸まんじゅうを買ったら、ぜひそのまま2階へ足を伸ばしてみましょう。

スポンサーリンク

日間賀島日帰りで子供と楽しむには?まとめ

ここまで日間賀島の情報をギュッとまとめて紹介してきました。

この記事で、日間賀島に行きたい気持ちがどんどん増してきたかと思います。

島国でありながら、家族みんなで日帰りで楽しめる「日間賀島」

あとは準備して旅立つだけですね。

暑い夏・砂浜・海と言えば日焼け止めのご準備をお忘れなく!スプレータイプなら塗り直しも楽ですよ!

最高の旅行はもう目の前ですよ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました