佐久島へのアクセス 名古屋から車でどう行く?アートや島ハイキングについても!

スポンサーリンク
お出掛け

今回は愛知県佐久島へのアクセス 名古屋からは車でどう行くのか、島のアートや島ハイキングについて

  • アクセス
  • 駐車場
  • 佐久島のアート作品について
  • 佐久島のアートをめぐるハイキング
  • 佐久島のご飯処

を書いて行きます。

佐久島には3つの魅力があり、1つ目は体験できるアートがあり1年を通じて展示されたアート作品を巡るスタンプラリーが楽しめます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

佐久島へのアクセス 名古屋から車でどう行く?

佐久島は知多半島と渥美半島のほぼ真ん中にあり、西尾市の一色港から佐久島西港まで定期船で約20分のところにあります。

佐久島への定期船には車を積む事はできません。(自転車は0K)なので先ずは西尾市の「一色おさかな広場」を目指しましょう!

「一色おさかな広場」のある「一色港」からフェリーが出ています。

  • 住所:愛知県西尾市 一色町小薮船江東169
  • 電話:0563-72-8284

一色港についたらフェリー乗り場の券売機でフェリーの券を購入しましょう。

  • 大人:820円
  • 子供:410円

フェリーは1日に7本出ていますが混み合う時間帯は一番が11時半/二番目が9時半/三番目が13時40分になります。

1便逃すと約2時間待つことになりますのでフェリーの時刻表でダイヤも確認しておいてください。

一色港からの出発を待つ間は「一色さかな広場」で楽しみながら待つ事ができますが、水曜定休日なのでご注意ください!

スポンサーリンク

佐久島へのアクセス 名古屋から車でどう行く?ー駐車場について

「一色さかな広場」に行けば、フェリー乗り場の駐車場があり、駐車場からはフェリー乗り場は徒歩数分です。

駐車場料金は無料です。

スポンサーリンク

佐久島へのアクセス 名古屋から車でどう行く?ーアートについて

佐久島にはアート作品が現在で常設展示24作品(島内22作品・島外2作品)があり、作品に直接触れる、登れる事ができるアートで写真映えスポットにもなっています。

佐久島では通年で何かしらのイベントを行っているのでご紹介して行きます。

佐久島アート・ピクニック

常設展示24作品(島内22作品・島外2作品)を巡りながら島歩きを楽しむスタンプラリーになります。

佐久島弘法巡り

佐久島の八十八ヶ所巡り!佐久島の歴史と自然を味わいながら19個のスタンプを巡るコースです。

昼間の星

目標や看板・スタンプのない常設展示8作品を歩いて、探して、考えて、見つける島歩き上級者コースです。

  • 体験マップを携帯すると便利
  • スタンプラリーシートは一色港・弁天サロン・西渡船場と東渡船場で無料配布
  • 西渡船場と東渡船場どちらからスタートしてもOK
  • 野外作品はいつでも見学可能
  • 大葉邸は弁天サロンにて鍵借用が必要
  • 弁天サロン休館日は月曜日
  • 全ての作品を巡るには半日ほど必要
スポンサーリンク

佐久島へのアクセス 名古屋から車でどう行く?ー島ハイキングについて

ここでは、佐久島をぐるっと1周しながらアートを楽しむ2時間半のハイキングコースを紹介します。

佐久島西港10分徒歩大葉邸5分徒歩おひるねハウス→30分徒歩→カモメの駐車場→30分徒歩→佐久島の秘密基地アポロ→50分徒歩→北のリボン→30分徒歩→佐久島西港

  • 大葉邸の室内は弁天サロンにて見学申込み、鍵借用が必要
  • 弁天サロン休館日は月曜日

5つのアート作品を巡りながら佐久島をぐるっと1周、アート以外にも島の大自然もどこも写真映えするスポットでオススメです!

大葉邸は2階のギャラリーにてアート作品の展示していますので是非見て頂きたいスポットです。

スポンサーリンク

佐久島へのアクセス 名古屋から車でどう行く?ー食事処について

佐久島の食事ができる場所は、西渡船場と東渡船場の近くに多くあります。

西渡船場

※写真撮れ次第更新

カフェ百一

Ocean kitchen にいやん

佐久島 古民家カフェ 蔵ssic

佐久島 cafe KumaHale

東渡船場

※写真撮れ次第更新

喫茶ジョエル

ごはん屋 海

喫茶 べんてん

鈴屋食堂

サクカフェAloha

スポンサーリンク

佐久島へのアクセス 名古屋から車でどう行く?アートや島ハイキングについても!まとめ

今回は愛知県佐久島への

  • アクセス
  • 駐車場
  • 佐久島のアート作品について
  • 佐久島のアートをめぐるハイキング
  • 佐久島のご飯処

を書いて行きました。

佐久島は信号もコンビニもない非日常と自然とアートが感じられる島です。

フェルーでゆったりとした時間を過ごし島でのほのぼのゆっくりした時間を過ごすことで、日常の疲れを癒す事ができるでしょう。

皆さんも是非癒しを求めて佐久島へ行ってみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました