別れる勇気とは?好きだけど次に進んだ方がいい時と実際の体験談!

スポンサーリンク
恋愛

幸せな両想い、ゴールインも間近なんて思っていたら、最近なぜか相手がよそよそしい。

冷めた? 嫌われた? 私たち、ここまでなの?

心配は絶えませんが悩んでいても始まりません。

この記事はそんな恋する女性に、相手の気持ちをこっそり確かめる方法をお知らせします。

別れる勇気を持ちましょう。

体験談に基づいて、男性心理もお伝えするので、是非、恋愛上手になって幸せを掴んでください!

 

スポンサーリンク

別れる勇気とは?好きだけど別れた方がいい、次に進んだ方がいい時!

両想いが片想いに戻ってしまった時です。

相手が冷めてしまったかどうかを知るのは恐いですが、感情的にならずに相手の気持ちを確かめましょう。

相手が冷めたときに現れる症状!

  • 連絡が減る
  • デートの時間に遅れる
  • 待ち合わせていて、自分を見つけた瞬間に笑顔にならない
  • デート中に落ち着かない
  • 対面に座って食事中、自分を見てくれない
  • 目の輝きがない

冷めたかどうかのテスト方法!

唐突に「アンタ冷めたんでしょ?!」とは言えませんから、まずは、

「最近表情冴えないね?」

という言い方が無難です。

予想される男性の返事:

  1. 忙しい
  2. 疲れてる
  3. 面倒くさい
  4. うだうだ言うな
  5. ウザい

1.2.3の場合、本当に忙しいのか、仕事で問題を抱えているのか、体調に不安があるのか、わからないと思います。

その場は、「私にできることある?」と言って引いてください。

うっすらとでも微笑んで、「大丈夫」「心配かけてごめん」と言ってくれたら、合格。

 

冷めかけた時にこれを何度もやられると、男性は本当にうんざりしてしまいますから、テストは一回だけです。

一度試して「うだうだ言うな」や「ウザい」をもらってしまったら、覚悟してください。

あなたは、

「ひどい言い方……」

そしてもし言えたら、「私たち、ダメそうだね」とつぶやいてください。

相手がお付き合いを解消したいと思っていれば、それをきっかけに何かのコメントがあるはずです。

 

心を強く持って、別れる勇気を奮い起こしてください。

その人と結婚して、「ウザい」と言われながら人生続けたいですか?

自分がどれだけ好きでも、去っていく人の心は止められません。

一度背を向けた人の恋愛感情は、戻ってこないと思ったほうがいいでしょう。

 

スポンサーリンク

別れる勇気とは?好きだけど別れたその後は?実際の体験談付き!

 

できる限り顔を合わせて、別れ話をしましょう。

そして、本当に別れることになったら、自分を洗い流すように泣いてください。

付き合ってから別れるのは最高にキツい失恋です。

好きだと思っていた相手が自分を選ばなかった失恋とはレベルが違います。

というのも、付き合った時間が長ければ長いほど、自分のことを知られている、それを全否定されていると感じるからです。

実際は、その人に合わなかっただけ、あなたに不足なこと、悪いところ、なんて何もないのです。

 

体験談!

Kさんは23歳病院事務。

職場で出会った同い年の彼に告白し、好きになってもらえるよう頑張り、半年ぐらいで両想いだと実感できるようになりました。

Kさんは恋愛経験が少なく、告白されたから付き合ってくれているだけじゃないかという疑心暗鬼に陥ることも。

付き合った人イコール結婚する人という価値観だったので、結婚を意識していたのも事実。

付き合って2年、25歳ごろ、彼氏がだんだんそっけなくなってきます。

そこへ「距離をおきたい」とのメール。

「いつまで? 別れたいの?」と聞いたら「分からない」との返事。

別れ話の場所を駐車場の車中に指定しましたが、Kさんは心細くなって、相談相手の元の職場の先輩カップルの家に場所を移動します。

彼氏は約束の時間に1時間遅れてきます。とても面倒くさそうです。

Kさんは、彼の遅刻に憤りながらも、別れたくないと縋り付きました。

彼氏の対応の悪さと、諦めきれないと泣くKさんに呆れる先輩カップル。

でも関係は修復できませんでした。

Kさんは「もっとあなたを大切にしてくれる人がいるから」と先輩にアドバイスをもらい、何とか立ち直ったのでした。

 

スポンサーリンク

別れる勇気とは?好きだけど別れる 男性心理

彼の気持ちは冷めきっています。

男性からの『距離を置きたい』はオブラートに包んだ別れの言葉です。

恋愛ですから、冷めるのは罪ではありません。

Kさんは彼が1時間も遅れてきたことに怒っていますが、彼の気持ちもわかります。

体験談を彼の目から見ると

25歳。彼女は「付き合った人イコール結婚する人」という価値観。

これからアラサーに突入すれば、もっと結婚を匂わせてきそう。

自分が結婚に踏み切れるかどうか、疑問。

付き合っているのだから、ふたりのことはふたりで決めるものだろうに、彼女はなぜか、元職場の先輩によく相談する。

スーパーの駐車場の車中が話し合いの場だったはずが、なぜかその先輩のうちに来いという。

別れ話に味方呼んで、卑怯じゃないか?

こっちが断罪されるのは目に見えている。

面倒くさい、行きたくない。

彼女はなんで他人を絡めたがるのかわからない。

もし結婚して夫婦の問題が持ち上がったとしても、他人に相談するつもりなんだろうか?

やっぱりこれ以上は続けられない。

 

一般的な男性心理

その場しのぎでやり過ごせるなら、本心を見せるより楽だと感じるのが男性です。

Kさんは「彼氏は普段から、自分が傷つくこと、相手を嫌な気持ちにさせる物事から目を背けて逃げるところがありました」

と書いています。

これは世の男性、ほとんどそうです。

特に、自分が傷つくこと、非難されることからは、極力逃げようとします。

そして、自分たちのプライベートなこと、気持ちの問題を他人に相談されることが嫌いです。

女同士はつい「恋愛ってこんなもの? そっちはどう?」と話してしまいがち。

でも男性からしたら、それは『信頼の裏切り』のように感じられるのです。

 

男性が本心を見せるのは、「この女だけは失えない」と思っている、本気の相手にだけ。

そしてそういう相手には、自分に1対1で向き合ってほしいと願っています。

 

スポンサーリンク

別れる勇気とは?好きだけど別れる 女性心理

恋愛における、女性心理の弱点を二つあげます。

・彼氏に嫌われるのが怖いので、本音を打ち明けることができない

・心細い、不安を他人に相談

 

残念ですが、この2点が出てきたら、この恋愛は結婚やその後の人生まで続くものではないと、言わざるを得ません。

恋愛は本音の勝負、それも自分と相手、1対1。

心細い、不安だと思ったら、相談する相手は彼氏なのです。

片想いを友人に相談するのとは別物です。

 

別れ話に彼が来てくれるかどうかという不安は、独りで耐えなければなりません。

なぜなら、別れ話も告白と一緒ですから。

友達についてきてもらうものではありません。

自分ひとりでどうにかするしかないのです。

逆に、自分の心のほうが冷めてしまった場合を考えてください。

彼が男の友人を連れて待っていたら、恐くて行けたものではありません。

 

友人の助けを借りるのは相手との話が終わってから、立ち直るためにいくらでも優しくしてもらってください。

 

Kさんは、「付き合った人と結婚するという価値観」を持っていましたが、それは子供っぽいことでも古臭いことでもありません。

Kさんの個性です。

その価値観を貫くなら、「嬉しい、じゃあ結婚を前提に大切に付き合っていこう」と思う男性を探すべきです。

体験談の彼はどこまでKさんとの将来を考えていたか、疑問です。

Kさん、現在は幸せな結婚をされたそうですから、素敵な方に出会えてよかったです!

 

突然ですが、うちの両親は母からアプローチして付き合い、結婚しました。

そして母は私に、「結婚は惚れてするより惚れられてしたほうがいいよ」と言っていました。

私は夫とほとんど同時に恋に落ちて、愛されていると実感しながら結婚生活を送っています。

どちらから始まったかというよりは、自分を好きでいてくれてると自信が持てる相手を探してください。

仕事で疲れた帰宅時に、あなたの顔を見るだけで笑顔になってくれる夫、そういう相手が最高です!

 

スポンサーリンク

別れる勇気とは?好きだけど次に進んだ方がいい時と実際の体験談!ーまとめ

両想いも片想いに戻ることがあります。

恋愛ですから、人の心は引き止められません。

嫌な予感がしたら、相手の反応を確かめてみてください。

その方法をお知らせしました。

男性は恋愛に他人が絡むのを嫌がる、女性は不安を彼氏にぶつけられない、という失敗しやすい点も書きました。

参考にして、素敵なお相手を見つけてください!

おススメ映画

『Emma エマ』グウィネス・パルトロウ主演

主人公エマは、恋の仲介役が大好き。とばっちりを受けた友人、ハリエット・スミスの恋模様は? 本人が選んだ相手が一番です!

https://item.rakuten.co.jp/joshin-cddvd/4988102939366/

おススメ書籍

男と女の心の旅をセットで読み解こう!

辻 仁成 著 『冷静と情熱のあいだ Blu』

https://item.rakuten.co.jp/comicset/4043599013/

江國 香織 著 『冷静と情熱のあいだ Rosso』

https://item.rakuten.co.jp/comicset/4048731769/

 

 

恋愛
スポンサーリンク
シェアする
kuraraをフォローする
くららのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました