大湫のカフェ清涯荘は景色とランチが最高!デートや女子会にオススメ!

スポンサーリンク
恋愛

標高500mにあるカフェ清涯荘。

見渡す限り山々の大パノラマを多くの方に楽しんでほしいという思いから誕生したカフェです。

地元住民でさえ知らなかった壮大な景色。

中央アルプスや恵那山、屏風山などが眺望でき、空気が澄んでいれば名古屋港の海面の輝きも楽しめる絶景エリアです。

そんな景色を眺めながら、ゆっくりカフェを楽しめたらもう最高ですよね。

そこでこの記事では、カフェ清涯荘を120%楽しむために必要な情報をギュッとまとめてみました。

数分で読める内容なので、ぜひチェックして最高のティータイムを過ごしましょう!

スポンサーリンク

大湫のカフェ清涯荘とは?メニューについても!

清涯荘で楽しめるのは絶景だけではありません。

米粉100%のグルテンフリーのパン、有機栽培された豆を使ったコーヒー、清涯荘で作られた野菜や無農薬で作られた旬の野菜など料理にも徹底的にこだわっています。

そして提供される料理は、地元の陶芸家、木工作家によって作られた器が使用されるというこだわりよう。

まさに言うことなしですね。

ここではそんな満足度の高い清涯荘の料理を紹介していきます。

優雅な時間を1秒でも長く楽しむために、事前にメニューをチェックしておきましょう。

ランチとティータイムがある

清涯荘のメニューは、ランチとティータイムで異なります。

  • ランチは、11:00〜14:00
  • ティータイムは、14:00〜16:00

となっています。

ランチメニューについて

ランチメニューは、4種類のセットメニューとなります。

どのセットも肉や魚ではなく、無農薬で手間ひまかけて作られた野菜がメインの料理となっています。

限定 BENTO BOXランチ(事前予約のみ)3500円        HANAREという予約制の個室を利用した方が予約できるランチです。    体に優しい野菜をふんだんに使ったオーガニック料理で、野菜の美味しさが活かされており、肉や魚がなくても満足できる料理となっています。
ブラック・ヴィーガンバーガーset2900円               ブラックという名前の通り、ハンバーガーバンズが黒色でインパクトのあるハンバーガーです。                             バンズが黒い理由は、体内の毒素を取り除くという麻炭が練り込まれているからです。                                 植物性の素材だけで作られていますが、まるでお肉が入っているかのような感覚を味わえるベジタブルバーガーとなっています。
ブッダボウルランチset2400円                     熟成させた酵素玄米ご飯の上にたくさんの野菜をのせ、自家製の甘酒ドレッシングで味付けされたランチです。                       酵素玄米ご飯とは、無農薬で育てた玄米を塩と小豆で炊き込んで、3日以上保温して手間をかけて作ったご飯です。                     通常の玄米ご飯よりももちもちしていて、消化吸収もよくヘルシーなランチとなっています。
豆乳チーズの米粉ピザset2400円                     米粉を使った生地を使い、乳製品不使用の自家製ヴィーガンチーズと新鮮な野菜をトッピングして焼き上げたピザです。                  米粉のもっちもちの食感に、きのこ、野菜、ハーブが絶妙にマッチしたピザとなっています。

ティータイムについて

ティータイムはブリュレ、ケーキ、タルトなどがあり、ドリンクは、コーヒー、ほうじ茶、レモネード、オレンジジュースなどがあります。

烏骨鶏ブリュレ900円                            自然豊かな環境で育った烏骨鶏の有精卵を使ったブリュレです。         表面はパリッと香ばしく、中はやさしい甘さが広がります。
米粉の英国風キャロットケーキ800円                   米粉を使ったケーキです。                              人参の甘みが感じられるケーキで、小麦粉、卵、乳製品、白砂糖を使っていないため、アレルギーの方も安心して食べられます。
季節のタルト800円                            米粉を使ったタルトの上に豆乳ヨーグルトを敷き込んで焼き上げたタルトです。季節のフルーツのコンポートがたっぷりで、フルーツ好きににはたまらないタルトとなっています。
米粉のシフォンケーキ800円                        名前のとおり、米粉を使ったシフォンケーキです。               小麦粉を使っていませんが、しっとりふわふわ感が楽しめるケーキとなっています。
米粉のカカオヴィーガンケーキ800円                   米粉を使ったカカオケーキ。                          こちらも乳製品、白砂糖、卵、小麦を使っていないため、アレルギーの方でも安心して食べられます。
スポンサーリンク

大湫のカフェ清涯荘とは?アクセスや駐車場について!

ここではカフェ清涯荘へのアクセスについてご紹介していきましょう。

カフェ清涯荘は岐阜県瑞浪市にありますが、瑞浪市の中でも山の中にあり、電車などの公共機関も近くにないため、車やバイクで行くのが通常です。

  • 〒509ー6471
  • 岐阜県瑞浪市大湫町221−150

カーナビに入力する時は、岐阜県瑞浪市大湫町221−159を入力しましょう。これでカフェ清涯荘の駐車場前を案内してくれます。

高速道路を使う場合、中央自動車道瑞浪ICで降車し、そこから15分の距離にあります。

カフェ清涯荘の駐車場

つぎに気になるのが駐車場ですが、カフェ清涯荘には20台駐車場スペースがあります。

人気店なだけにちょっと駐車場が少なく感じるかもしれませんが、ランチタイムは予約しておけば安心です。

ティータイムは予約制ではない上に、休日は混雑することがあるので確実に行きたいのなら、ランチタイムの予約を利用した方がいいでしょう。

スポンサーリンク

大湫のカフェ清涯荘とは?お散歩できる小道がある?

駐車場に車をとめたらいよいよカフェまでには小道を通って行く必要があります。その小道は2コースでハイキング気分を楽しませてくれますよ。

カフェ直行ルートの林道コース

こちらのコースは、山と空でいっぱいに広がる景色を楽しめるコースで、もう1つのコースよりも平坦で歩きやすくなっています。

足の悪い方や体力に自信のない方は、車で直接カフェ前まで行くこともできます。 

天空テラスへ直行ルートの岩場コース

もう1つのコースが岩場コース。

名前のとおり、岩場を歩くコースです。道中は木々の多い道を通るので、山の匂いを楽しむことができます。

そしてこのコースの最大のポイントは、「天空テラス」があることです。「天空テラス」は素晴らしい大パノラマが眺望でき、爽快な風も感じられます。

空気が澄んでいる時は、名古屋港の海面の輝きまで見えることもあります。清涯荘に来たなら、ぜひ通りたいコースです。

「天空テラス」に行くなら靴はヒールよりぺたんこ靴がオススメです!

スポンサーリンク

大湫のカフェ清涯荘とは?予約や割引についても!

ココでは予約や割引があるのかについてご紹介していきます!

予約できるの?

大人気の清涯荘を確実に楽しむために、大切になってくるのが予約です。

結論からいうと、予約ができるのは、

  • ランチタイム
  • Hanareという個室
  • テラス席(天空カウンター)のペット可能な席

の3つとなります。

ここでHanareという言葉が出てきたので、簡単に説明しますね。

Hanareとは、清涯荘のカフェから少し離れた場所にある個室のことです。

Hanareには「KAEDE」という定員3名の個室と、「KODACHI」という定員4名の個室の2つがあります。

Hanareは、ヒノキで作られた空間で、ヒノキの香りに包まれてリラックスしながらカフェを楽しめる個室空間ですので、大切な人と過ごすには最高の空間といっていいでしょう。

大切な人とカフェを楽しみながら大パノラマを望めば、最高な時間を過ごせること間違いなしです。

予約については

  • ランチタイム:11時〜13時45分※2時間制
  • Hanare:11時〜16時までの間で、料金は一人当たり2000円/2時間です※個室の利用は2名以上から
  • ペット可能・天空カウンター2席は、2人とペット1匹での利用が可能です。

予約方法

予約方法はインターネットではなく、直接電話で予約する形になります。もし疑問に思うことがあったら、予約時に聞くといいでしょう。

  TEL 0572−63−3010

割引はあるの?

割引については、現在情報はありません。

新しい情報が入り次第、記事を更新していきますので、楽しみにしていてくださいね。   

スポンサーリンク

大湫のカフェ清涯荘とは?まとめ

ここまで読めば、カフェ清涯荘を楽しむための基礎情報はバッチリです。

もともと大パノラマの絶景を多くの人に見てもらいたいという思いで作られたカフェ清涯荘。

そんな絶景を見ながらカフェを楽しむ贅沢な過ごし方ができると想像するだけでもワクワクしてきますね。

もし天気が悪かったとしても、カフェから望む景色の壮大さは感じられますので、気持ちを落とさず楽しんでいきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました